児童文化賞・音楽賞

概要

ENEOS児童文化賞(創設1966年)

日本の児童文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞です。童画家、教育者、写真家、児童文学作家、子供新聞の編集者、ミュージカル主宰者など、さまざまな分野で児童文化に貢献された方々の中から受賞者が選ばれています。

賞創設のきっかけは1963年に遡ります。この年、当時のモービル石油創業70周年記念行事として、赤い馬をテーマにした創作童話を一般公募したところ、3,461点もの応募がありました。川端康成、波多野勤子、壷井栄、坪田譲治、藤田圭雄、筒井敬介の六氏により審査が行われた結果、福永令三氏の「十二色のクレヨン」が特選に選ばれました。

特選を含めた入選作を収録した童話集「赤馬物語」を全国の小学校へ寄贈したところ、教育界や児童文学界より大きな反響をいただいたことから、対象分野を児童文化全般に広げ、全国的に著名な活動から地域の活動まで幅広く受賞者が選ばれています。

ENEOS音楽賞(創設1971年)

日本の音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞で、邦楽部門および洋楽部門(本賞・奨励賞)の二部門にて構成されています。

邦楽部門では、雅楽、能、狂言、琵琶楽、尺八楽、箏曲、多様な三味線音楽、囃子など日本の伝統音楽の分野における演奏家・団体、さらには作曲者、研究者、評論家など、幅広い分野の中から邦楽の発展に寄与された方々が受賞者として選ばれています。また、これまでに23名の受賞者が、受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

洋楽部門においては、作曲、指揮、声楽、そしてピアノ、ヴァイオリン、チェロなどの洋楽器の演奏、音楽ジャーナリズムや研究・評論などの分野において、日本の洋楽の発展に貢献された方々が受賞者として選ばれています。さらに1989年より、優れた若手音楽家を励ますために、本賞に加えて奨励賞が設けられました。

邦楽部門と洋楽部門を併せ持ち、単年度内の功績ではなく、それまでの実績全体に視点をおいた選考がなされている点が特色です。

2020年 受賞者(敬称略)

第55回ENEOS児童文化賞 落合 恵子(おちあい けいこ)(作家)

略歴

©神ノ川 智早

栃木県生まれ。小学校に入学する前に上京。大きな原っぱと向かい合うように建ったアパートで母親と暮らしを始める。原っぱは植物や虫たちの宝庫で、植物図鑑や図鑑類が当時の愛読書だった。学生時代の愛読書は、キャサリン・マンスフィールド、アン・ポーター等欧米の女性作家。民放ラジオ局に就職し、当時取材で訪れた欧米の子どもの本の専門店に強く心惹かれる。そして、「ないなら、創る!」とクレヨンハウスを創設。東京店は2020年12月でオープン45周年を迎え、オーガニックレストラン、子どもと大人の本のフロア、安全安心な玩具、女性の本やオーガニックな生活必需品を扱う。大阪店は、29年になる。総合育児雑誌「月刊クーヨン」、オーガニックマガジン「いいね」発行人。絵本の刊行や、翻訳も多数手がける。最近の著書に「泣きかたをわすれていた」「明るい覚悟」などがある。

贈賞理由

アナウンサーとして活躍した後、作家活動に入り、海外取材で子どもの本専門店を見たのがきっかけで、1976年に本をはさんで大人と子どもが向かい合う場として児童書専門店「クレヨンハウス」を開店。育児のための総合雑誌「月刊クーヨン」や、子どもに本を選んで送る「絵本の本棚」を企画するなどのほか、長年にわたり子どもと本の架け橋となって、それまでの多彩な活躍をもとに、様々なメディアで子どもの本を紹介し普及。自らも絵本の翻訳や創作をするとともに、「子どもの本の学校」を主宰して子どもの本に関わる多様な人々の交流の場を作るなど、「7世代先の子どもたちのことを考える」という理念で、精力的に子どもの文化全般に寄与した功績は絶大である。

(児童文化賞 選考委員会)

第50回ENEOS音楽賞 邦楽部門 伶楽舎(れいがくしゃ)(雅楽演奏グループ)

略歴

写真提供:伶楽舎

雅楽の合奏研究を目的に、1985年に発足した雅楽演奏グループ。創立者・芝祐靖。音楽監督・宮田まゆみ。発足以来、現行の雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や正倉院楽器の復元演奏、現代作品の演奏にも積極的に取り組み、国内外で幅広い活動を展開している。新作雅楽、現代雅楽の分野では、多くの作曲家に作品を委嘱し、自主企画公演で度々初演。また、武満徹「秋庭歌一具」の演奏に関しては定評があり、国内外で数多く再演している。他に、解説を交えた親しみやすいコンサートを企画。また、雅楽を未来へ繋ぐべく、子どものための雅楽プロジェクトを展開し、CD、DVDを制作。全国の小中学生を対象としたワークショップや演奏会も多く行っている。「伶楽舎」とは、古代中国の楽人の祖とされる「伶倫」に因んだ「伶倫楽遊舎」を略称した会名で、現行の雅楽のみならず、廃絶曲や新作など、従来の枠にとらわれない幅広い活動を目指して、芝祐靖によって名付けられた。

贈賞理由

伶楽舎は、1985年から今日に至るまでの35年間、創立者・芝祐靖の薫陶を受け、雅楽に関わる全方位の活動を続けてきた。古典曲はもとより、武満徹「秋庭歌一具」に代表される新作曲の演奏に加え、廃絶曲の復曲にも意欲的に取り組み、清新で優れた演奏や録音を通して雅楽の魅力を国内外に発信する一方、子どもや入門者に向けたきめ細かな雅楽普及活動も精力的にこなしている。宮内庁楽部を軸に展開してきた近代日本の雅楽伝承の中で、女性奏者を含む民間の新しい雅楽演奏団体として、合奏音楽である雅楽の可能性開拓と奏者個々人の音楽的挑戦をともに追究し、比類ない実績を挙げてきた点を高く評価する。伶楽舎の活動がさらに世代を越え、21世紀の雅楽に寄与することを祈念する。

(音楽賞邦楽部門 選考委員会)

第50回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞 佐藤 美枝子(さとう みえこ)(ソプラノ)

略歴

©武藤 章

大分県生まれ。武蔵野音楽大学卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部修了後、イタリアに留学。留学中に第7回五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、1997年より(公財)五島記念文化財団の奨学生としてさらに2年間イタリアで研鑽を積む。1998年第11回チャイコフスキー国際音楽コンクール声楽部門で日本人初の第1位を受賞し注目を集めた。藤原歌劇団には2000年に最も得意とする「ランメルモールのルチア」のタイトルロールでデビュー。日本を代表するソプラノとして藤原歌劇団、新国立劇場をはじめ、国内外多数のオペラに出演している他、オーケストラとの共演や全国各地でのリサイタル等、幅広く活躍している。CDは「至上のルチア」「ああ、信じられないわ~オペラ・アリア集」など7枚をリリース。武蔵野音楽大学教授、大分県立芸術文化短期大学客員教授。藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。

贈賞理由

柔らかな美声と高度のテクニック、普遍性に富んだ音楽性で大輪の花を数々咲かせてきた佐藤美枝子氏は今、一層の円熟期を迎えている。最初に世界的な注目を集めたのは1998年、チャイコフスキー国際コンクールでの堂々優勝だった。以後20年余、軽やかなコロラトゥーラと滑らかなベルカントを大きな魅力に、「ランメルモールのルチア」や「ランスへの旅」他で本領を発揮。「夕鶴」等の日本オペラでも、日本語と日本女性本来の声を磨き上げた歌唱力で作品世界を深めた。さらにそこに留まることなく、自身の年齢や声の変化に応じて表現の幅を無理なく広げることに成功。2020年2月、藤原歌劇団「リゴレット」のジルダでの見事な演唱が大器ぶりを実証した。今後、芸域のさらなる深まりに期待したい。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

第50回ENEOS音楽賞 洋楽部門奨励賞 アントネッロ(主宰:濱田 芳通 はまだ よしみち)(古楽アンサンブル)

略歴

舞台写真:藤井 亜紀

1994年結成のアントネッロは、主宰 濱田芳通と、石川かおり、西山まりえをコアメンバーとし「作品が生まれた時のスピリット」を大切に、躍動感、生命力が備わった、音楽の持つ根源的な魅力を明らかにしてきた。国内外のレーベルからCDをリリースしており、古楽の解釈と演奏において第一線で活躍するグループとして、常にメディアから高い評価を得ている。クラシック音楽の既成概念の枠を超えて純粋に「音楽性」を求めるその企画、作品は、クラシック音楽ファン以外からも注目と共感を集めている。2013年に立ち上げたバロック・オペラ上演プロジェクト「オペラ・フレスカ」では、クラウディオ・モンテヴェルディの3大オペラの上演や、ジューリオ・カッチーニ作曲「エウリディーチェ」(世界最古のオペラ譜)本邦初演、2019年にはレオナルド・ダ・ヴィンチが関わったとされる「オルフェオ物語」を本邦初演する等、海外においても上演機会の少ないオペラ創成期の作品を中心に、その魅力を伝えるべく精力的に取り組んでいる。

贈賞理由

中世からバロック期までの音楽を、往時の楽器と奏法を蘇らせ演奏する古楽アンサンブルは、今や数多ある。そこに独自の演奏スタイルを盛り込む者も然り。濱田芳通氏ひきいるアントネッロが唯一無二の存在感を放っているのは、その上で「創造的ファンタジー」を大胆に発揮しているからだ。レオナルド・ダ・ヴィンチが統括したと思しき祝祭劇「オルフェオ物語」を舞台化した試みなどは、その最たるもの。当時のさまざまな音楽素材を当てはめ「復元」を敢行。まさに挑戦だが、今しも書かれたかのように極めて生き生きと表現されるため、聴く者の心を捉え、想像力を刺激する。外部の演奏家を結集させる企画力も秀逸。前例に囚われない道をさらに歩まれることを願い、奨励賞を贈る。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

選考委員(敬称略、順不同)

児童文化賞 野上 暁 児童文化研究家
仲居 宏二 放送コンサルタント・元聖心女子大学教授
山極 壽一 京都大学総長
音楽賞 邦楽部門 徳丸 吉彦 聖徳大学教授・お茶の水女子大学名誉教授
塚原 康子 東京藝術大学教授
加納 マリ 日本音楽研究家
音楽賞 洋楽部門 関根 礼子 音楽評論家
中村 孝義 大阪音楽大学理事長・名誉教授
舩木 篤也 音楽評論家

歴代受賞者リスト(敬称略)


「ENEOS児童文化賞」および「ENEOS音楽賞」は、公益社団法人企業メセナ協議会より芸術・文化支援による豊かな社会づくりの取り組みとして認定されました。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。