児童文化賞・音楽賞

概要

ENEOS児童文化賞(創設1966年)

日本の児童文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞です。童画家、教育者、写真家、児童文学作家、子供新聞の編集者、ミュージカル主宰者など、さまざまな分野で児童文化に貢献された方々の中から受賞者が選ばれています。

賞創設のきっかけは1963年に遡ります。この年、当時のモービル石油創業70周年記念行事として、赤い馬をテーマにした創作童話を一般公募したところ、3,461点もの応募がありました。川端康成、波多野勤子、壷井栄、坪田譲治、藤田圭雄、筒井敬介の六氏により審査が行われた結果、福永令三氏の「十二色のクレヨン」が特選に選ばれました。

特選を含めた入選作を収録した童話集「赤馬物語」を全国の小学校へ寄贈したところ、教育界や児童文学界より大きな反響をいただいたことから、対象分野を児童文化全般に広げ、全国的に著名な活動から地域の活動まで幅広く受賞者が選ばれています。

ENEOS音楽賞(創設1971年)

日本の音楽文化の発展・向上に大きく貢献した個人または団体に贈られる賞で、邦楽部門および洋楽部門(本賞・奨励賞)の二部門にて構成されています。

邦楽部門では、雅楽、能、狂言、琵琶楽、尺八楽、箏曲、多様な三味線音楽、囃子など日本の伝統音楽の分野における演奏家・団体、さらには作曲者、研究者、評論家など、幅広い分野の中から邦楽の発展に寄与された方々が受賞者として選ばれています。また、これまでに23名の受賞者が、受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。

洋楽部門においては、作曲、指揮、声楽、そしてピアノ、ヴァイオリン、チェロなどの洋楽器の演奏、音楽ジャーナリズムや研究・評論などの分野において、日本の洋楽の発展に貢献された方々が受賞者として選ばれています。さらに1989年より、優れた若手音楽家を励ますために、本賞に加えて奨励賞が設けられました。

邦楽部門と洋楽部門を併せ持ち、単年度内の功績ではなく、それまでの実績全体に視点をおいた選考がなされている点が特色です。

2021年 受賞者(敬称略)

第56回ENEOS児童文化賞 田島 征三(たしま せいぞう)(絵本作家)

略歴

©秋元 茂

1940年大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。1965年、初めての絵本「ふるやのもり」出版。東京・京橋「南天子画廊」にて初個展。以来、絵画、絵本、イラストレーション、エッセイ、造形作品等を発表し続けている。「黒い太陽7人の画家・人人展」(日本橋三越)に、創立会員として斎藤真一、中村正義、山下菊二、大島哲以らと参加(1974)。池田20世紀美術館(2003)、平塚市美術館(2008)、ふくやま美術館(2011)にて個展。新潟市立美術館(1980)、高知県立美術館(2006)にて田島征彦と二人展。練馬区立美術館にて谷川晃一・宮迫千鶴と三人展(2005)等。2009年新潟県十日町市の廃校になった小学校を丸ごと絵本にした「空間絵本」を制作。「絵本と木の実の美術館」開館。2011~2018年、日中韓平和絵本プロジェクトに尽力。2013~2019年、香川県大島のハンセン病元患者の療養所で、「青空水族館」、「森の小径」、「Nさんの人生・大島七十年」を制作。

贈賞理由

1965年、絵本『ふるやのもり』でデビュー。1969年、『ちからたろう』で第2回ブラチスラバ世界絵本原画展金のりんご賞を受賞。後に同展国際審査委員を務めるなど日本を代表する絵本作家である。新潟県十日町の廃校を利用した「絵本と木の実の美術館」で「空間絵本」にチャレンジするなど、多様で意欲的な作家活動を展開。〈日・中・韓平和絵本〉プロジェクトを主導し、自作の『ぼくのこえがきこえますか』は、国際的に高く評価されている。傘寿(80歳)を迎えた昨年、少年時の原体験をモチーフにした絵本『つかまえた』で、生きものの命と向き合った生々しい感触を躍動的に再現するなど、デビュー以来半世紀以上にわたって常に斬新で意欲的な挑戦をし続け、絵本文化を牽引してきた功績は高く評価される。

(児童文化賞 選考委員会)

第51回ENEOS音楽賞 邦楽部門 清元 美寿太夫(きよもと よしじゅだゆう)(清元節 浄瑠璃方)

略歴

1943年東京都生まれ。父は清元若寿太夫。母は清元延若福。兄は初代清元榮三(人間国宝:故人)。1956年、六代目清元延寿太夫、三代目清元栄次郎(後の初代清元栄寿郎)に師事。1959年、美寿太夫の名を許される。同年、新橋演舞場 「西川流鯉風会」の「梅川」ほかで初舞台。歌舞伎座「昔噺桃太郎」で歌舞伎の初舞台。1977年 京都南座「夕顔棚」で初めて歌舞伎の立語りを勤める。1986年アルバム 「清元榮三・清元美寿太夫花吟集」を発表。2014年、重要無形文化財清元節保持者として認定。同年、清元協会理事に就任。このほかに1969年ごろから宮薗節を宮薗千之に師事、宮薗千弘太夫を名乗る。1983年ごろから地唄を富崎冨美代に師事、富柳美寿を名乗る。

贈賞理由

清元節の重鎮、清元美寿太夫師は、これまで長い間、清元節の太夫としてその美しいのどで多くの人を魅了している。歌舞伎や舞踊の会はもちろんのこと、素浄瑠璃の演奏会でも美寿太夫師はなくてはならない存在であり、東京をはじめ京都、大阪など、その出演回数は数えきれない。師の安定した語りは高く評価され、40年あまり共に演奏してきた三味線の清元美治郎師と開いた演奏会「二人会」など、一連の活躍で2014年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞、その実力が広く認められた。清元美寿太夫師のこれまでの業績を称えるとともに、師の清元節らしい、情感のこもった節回しを次の世代にもぜひ伝えてほしいと願い、賞を贈るものである。

(音楽賞邦楽部門 選考委員会)

第51回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典(しがけんりつげいじゅつげきじょうびわこホールとぬまじりりゅうすけ)

略歴

©荒谷良一

1998年9月5日開館、西日本初となる4面舞台を備えた大ホールおよび中ホール・小ホールを有する。音響の素晴らしさはもとより、琵琶湖を一望できる美しいロケーションにファンも多い。初代芸術監督は若杉弘、2007年に2代芸術監督の沼尻竜典を迎え、ワーグナーのオペラや春の音楽祭などを新たに展開。国際的水準の舞台芸術を最高の鑑賞条件で提供するとともに、誰もが舞台芸術の楽しみを味わい、繰り返し来場いただけることを目指して、オペラ、オーケストラ、室内楽、ワールドミュージック、バレエ、ダンス、演劇、 伝統芸能など、幅広い多彩なジャンルで国内外の優れた公演を行っている。また、びわ湖ホールの独自の創造活動の核として、日本初の公共ホール専属声楽家集団である「びわ湖ホール声楽アンサンブル」を設置し、自主制作によるオペラ公演や、県内の学校等を対象とした公演を行うなど、音楽の普及活動も積極的に行っている。

贈賞理由

1998年に「創造する劇場」との看板を掲げて設立された「びわ湖ホール」は、芸術諸分野でまさに創造的な活動を展開し、都市圏の劇場にも増して傑出した存在感を示し続けてきた。特に音楽分野では、専属の「びわ湖ホール声楽アンサンブル」の活動や、初代芸術監督・若杉弘のもと、ヴェルディ日本初演作品シリーズで大きな成果を上げ、つづく第2代の沼尻竜典のもとでも、「リング」全曲などのワーグナーや、近現代のオペラ作品の上演で圧倒的な成功を成し遂げ、今や我が国のオペラ制作や上演において欠くべからざる存在となっている。活動を成功に導いたホールの充実した運営や制作力、ここ10数年、芸術的に牽引した沼尻竜典の秀でた能力を顕彰し、さらなる充実を期待して本賞を贈賞する。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

第51回ENEOS音楽賞 洋楽部門奨励賞 広島交響楽団(ひろしまこうきょうがくだん)(オーケストラ)

略歴

国際平和文化都市"広島"を拠点に、"Music for Peace~音楽で平和を~"を旗印として活動する、プロオーケストラ。1963年「広島市民交響楽団」として設立、1970年「広島交響楽団」へと改称し1972年にプロ化。2017年より下野竜也が音楽総監督を務め、その意欲的な音楽づくりが注目を集めている。年10回の定期演奏会や、ディスカバリー・シリーズ、「音楽の花束」名曲シリーズをはじめ、近隣都市での地域定期、巡回コンサートや各種依頼公演など年間100回を超える演奏活動を行っており、地域に根差した楽団として「広響」の愛称で親しまれる。1991年の「国連平和コンサート」(オーストリア)での初の海外公演以降、チェコ、フランス、ロシア、韓国、そして2019年にはポーランド・ワルシャワの国際音楽祭に招かれるなど、音楽による海外へのヒロシマのメッセージの発信も重ねている。「音楽の芽プロジェクト」として、学校での音楽鑑賞教室やプロの野球・サッカーチームとのコラボレーション「P3 HIROSHIMA」など、次世代層に向けた音楽文化の普及活動にも積極的に取り組んでいる。

贈賞理由

広島交響楽団の近年の進展ぶりは目覚ましい。2017年以降、新設した「音楽総監督」に下野竜也を迎え、秋山和慶体制で培ったアンサンブル能力をさらに向上させた。また「ディスカバリー・シリーズ」も継承・発展させ、演奏機会の希少な作品をトークを交えて紹介、聴衆の関心領野は格段に拡がっている。加えて同年より実施した「Music for Peaceプロジェクト」を特筆したい。マルタ・アルゲリッチを筆頭に世界的アーティストが演奏会および講習会に参加し、2019年には楽団のワルシャワ公演が実現。原子爆弾被爆75年の2020年には、コロナ禍に直面しつつも被爆ピアノを用いた藤倉大の新作協奏曲「Akiko's Piano」の世界初演を敢行した。地域に、そして世界に密着しながら音楽性を高めてゆく姿勢を支持し、奨励賞を贈る。

(音楽賞洋楽部門 選考委員会)

選考委員(敬称略、順不同)

児童文化賞 野上 暁 児童文化研究家
仲居 宏二 放送コンサルタント・元聖心女子大学教授
山極 壽一 総合地球環境学研究所所長
音楽賞 邦楽部門 徳丸 吉彦 聖徳大学名誉教授・お茶の水女子大学名誉教授
塚原 康子 東京藝術大学教授
加納 マリ 日本音楽研究家
音楽賞 洋楽部門 関根 礼子 音楽評論家
中村 孝義 大阪音楽大学理事長・名誉教授
舩木 篤也 音楽評論家

歴代受賞者リスト(敬称略)


「ENEOS児童文化賞」および「ENEOS音楽賞」は、公益社団法人企業メセナ協議会より芸術・文化支援による豊かな社会づくりの取り組みとして認定されました。

「ESSO」・「Mobil」は、エクソン モービル コーポレーションの登録商標です。ライセンス契約に基づいて使用しております。