読者の声 ~童話の花束を読んで~

ここでは「童話の花束」を読んだ読者のみなさまからのご意見・ご感想などを一部ご紹介しております。

2021年9月

  • 30代女性(神奈川県)ENEOSのサービスステーションで入手

    一話一話がほっこりするものばかりで、休日にのんびり読むのにぴったりでした。ありがとうございます。

  • 80代女性(神奈川県)作品を応募して入手

    童話は子どもだけのものではなく、大人のものでもあります。今の若者達も読んでほしいです。どうぞこれからも続けてください。

  • 60代男性(青森県)ENEOSのサービスステーションで入手

    企業が子どもの健全な発達や成長を願い、文学を通して支援することは素晴らしいと思います。これからも長く続くことを願っています。

2021年7月

  • 40代女性(静岡県)ENEOSのサービスステーションで入手

    年齢を重ねても童話は良いなと思います。サービスステーションで、つい手に取ってしまいました。ホッとした気持ちにさせていただきました。

  • 60代男性(神奈川県)作品を応募して入手

    たっぷり読み応えのある作品集で、とても楽しく読ませていただきました。受賞作には素敵な絵も添えられていて、ていねいに作品集が編まれていると感じました。

  • 70代女性(大阪府)友人・知人から入手

    このようなすばらしい作品集があるとは知りませんでした。18作品それぞれの良さがあり、とても楽しく、感動して夢中で読みました。ENEOS童話基金の事も初めて知りました。こんな良い取り組みをされていることを知り、うれしくなりました。

2021年6月

  • 10代女性(東京都)家族から入手

    「童話の花束」は毎回、全部読んでいます。どの物語も奇想天外で面白かったり、心が温かくなる内容だったりして読んでいて楽しいです。私と弟は、いつも挿絵や表紙のやわらかな雰囲気の絵も楽しみにしているので、これからも続けてほしいです。

  • 60代男性(北海道)作品を応募して入手

    文章もさることながら、それぞれのイラストがすばらしい。私の作品も入賞してイラストをつけてもらえるよう、励みたいと思います。

  • 40代女性(神奈川県)小学校で入手

    この度、初めて「童話の花束」の存在を知りました。物語は世代を超えてすべての人が楽しめるものだと思っています。素敵な企画ですね。

2021年4月

  • 12歳女の子(埼玉県)作品を応募して入手

    童話の花束は、どの話を読んでも心がほっこりして、プロの作家さんが書いたみたいで感動しました。

  • 70代男性(山梨県)プレゼントに応募して入手

    いつも読ませていただき、感動しています。作品を応募してみようと思いながら、成し得ず、3年が過ぎてしまいました。今度こそ挑戦してみようと、創作に頭をひねっております。

  • 60代女性(愛知県)作品を応募して入手

    いつも表紙の絵がステキだなぁと思っています。入選した作品にも、それぞれに合ったイラストが描かれていて、こんな風に自分の作品が載ることを夢見ています。

2021年3月

  • 11歳女の子(神奈川県)小学校で入手

    面白い話から感動する話まであって、とてもすばらしかったです。

  • 30代男性(新潟県)作品を応募して入手

    作品の中に新型ウイルスを題材にしたお話がありました。コロナ禍の今だからこそ、心をあたたかく、明るくする話を書けるように、僕も頑張ります。

  • 60代女性(滋賀県)プレゼントに応募して入手

    ほんのりとあったかい気持ちにしてくれるお話が多いです。私も書いてみたいと思いました。

2021年2月

  • 40代女性(千葉県)作品を応募して入手

    今回初めて娘が作品を応募しました。今回は選ばれませんでしたが、次回は私も一緒に応募したいです。

  • 60代男性(茨城県)作品を応募して入手

    色彩豊かで、デザインもあたたかく文字も大きく、たいへん楽しくページをめくることができました。ありがとうございます。

  • 8歳女の子(新潟県)プレゼントに応募して入手

    お友だちのかいたものがたりがのっているから本がほしかったです。わたしも、ものがたりをかいてみたいです。

2021年1月

  • 60代女性(茨城県)作品を応募して入手

    人と人との関わりが薄くなってきたこの頃ですが、「童話の花束」を読むと、ほっとします。いつまでも心に花が咲いていますように。

  • 80代男性(埼玉県)作品を応募して入手

    それぞれの作品を興味深く読みました。現在近くの小学校で読み聞かせをしています。14年目になりましたが、老骨に鞭打って声が出るうちは続けたいと思っています。

  • 70代女性(福岡県)作品を応募して入手

    作品を応募し始めて10年以上になりました。今や私のライフワークになっています。童話の花束が届くたびに胸が熱くなります。どの作品も気持ちが温かくなり、生きる勇気、書く活力が湧いてきます。この童話賞が永遠に続いて、子ども達の成長に役立つ事を祈念しています。