第39回(2008年)
JOMO童話賞
【一般の部 最優秀賞】

黄いろいぼく作者:中村洋子

黄いろいぼく

 見わたすと高いビルが並んでいる。ビルとビルのあいだから見える通りすぎる人たちからは離れていて、ビルのあいだの狭い路地は石畳が敷かれていた。
 ビルの壁と石畳のほんのすき間にぼくは咲いた。
 空を見ると建物がさえぎって太陽の光がまっすぐにあたらない。吹きぬける風もつくりものだ。チョウもハチもいない。ビルの遠くを飛ぶ鳥たちは、地面のぼくに気がつかない。
 せめてぼくを引きちぎって高いビルの窓辺に置いてくれれば、窓の外からだれかに笑いかけることができるのに。
 ぼくはそこで何日も寂しい音を聞いていた。途切れない車のエンジン。道路工事の地響き。通りすぎていく足早な靴音。  だけど、ぼくはここで背筋を伸ばしているしかない。ぼくは大きく息を吸って、シャランと鈴を鳴らすように揺れてみた。
 すると、ビルとビルのあいだにぼうっと人影が立った。ぼくを見ている。
「やった!」
 ぼくは葉っぱごと力一杯揺れてみせた。けれど、人影はすっとビルに隠れてしまった。ぼくのまわりでほこりがまった。
「ここで咲いていても、だれも見つけてくれないよ。」
 と言っているみたいだ。うなだれそうになったけど、ぼくはあきらめが悪いタチだもの。小さい空を見あげて、もう一度花びらを揺らした。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら