第39回(2008年)
JOMO童話賞
【一般の部 最優秀賞】

黄いろいぼく作者:中村洋子

黄いろいぼく

 そのときガサガサッと音がして、さっきの人影が戻ってきた。からだを横向きにして狭い路地へ入ってくる。
 片手にヘルメットを持って、もう片方の手には水の入ったペットボトルを握っていた。道路工事のおじさんだ。
「こんなところで咲いているのか。えらく強い生命力だな。」
 そう言って、おじさんはしゃがみこんだ。
「水を取ってきたんだ。少しかけてやろうな。」
 おじさんはキャップをはずすと自分の手のひらにくぼみをつくって水をため、やわらかな雨のようにぼくにふりまいてくれた。
 透きとおったやさしいしずくが落ちるたびに黄いろい花びらも緑の葉もピョンピョン跳ねて揺れた。ぼくもそのリズムに合わせてふるふると笑いかけた。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら