第39回(2008年)
JOMO童話賞
【一般の部 最優秀賞】

黄いろいぼく作者:中村洋子

黄いろいぼく

 おじさんの胸の奥がぽわんと大きくなったのが見える。日に焼けた顔がほんわかと笑顔になって、ごつごつした指でぼくをひとなでした。ぼくはうれしくて黄いろい花びらを何度もふるわせた。
 やわらかい眼差しがぼくを見つめる。
「今度の休みには田舎のお袋のようすでも見にいくかな。」
 とおじさんはぼっそりつぶやいた。
 おじさんは子どものころ、あたりいちめん緑の田んぼのあぜ道にかぞえきれないほど咲いていた黄いろいタンポポを思いだしていた。
 今、おじさんの瞳の奥にぼくが映っているように、その中にぼくも咲いていたかもしれない。
「おーい、休憩時間は終わりだぞう。」

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら