第39回(2008年)
JOMO童話賞
【一般の部 優秀賞】

クマの木作者:宮坂宏美

クマの木

 さらにしばらく行くと、今度は土の中から顔を出しているモグラに出会いました。
「クマさん、そこの大きな石を、よけてくれんかね? 孫に会いにいくところなんだが、その石が土に深くうまっていて、先へ進めんのだよ。」
 クマはまた、気づくと同じ答えをしていました。
「ふん、助けてほしいなら、おまえのだいじなものをよこしな。」
「じゃあ、この土をやるよ。すんだ泉の近くにあった、とてもいい土だ。めったに手にはいるもんじゃない。」
 クマは土を受けとると、目の前にあった大きな石を持ちあげて、よっこらしょと、わきにおきました。
「いやあ、ありがとう。これでかわいい孫に会える。」
 モグラがいそいそと土をほって進みはじめると、クマのむねはまたじわっとあたたかくなりました。  こうしてクマは、とうとう森のはずれまでやってきました。もうくたくたにつかれていて、一歩も動けそうにありません。その場に横たわろうとしたとき、かかえていたひょうたんと、どんぐりと、土が目に入りました。
 クマはその三つをじっと見ながら考えました。あの三匹を助けたとき、なんだかいい気分がしたな。こんなことなら、もっとちゃんといいことをしておくんだった……。いや、まてよ。もしかしたら、今からでもおそくないかもしれないぞ。
 クマは最後の力をふりしぼって、モグラにもらった土をもり、そこにリスからもらったどんぐりを入れ、キツネにもらった水をふりかけました。そして、まんぞくそうにほほえみ、安らかに息を引きとりました。
 数十年後、クマがいた場所には大きな木が育っていました。木には、つやつやのどんぐりがたくさんなっていました。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら