第40回(2009年)
JOMO童話賞
【小学生以下の部 最優秀賞】

どんぐりの実だった頃作者:一戸笙史

どんぐりの実だった頃

 友だちはどんどん落ちていきます。しかし、ぼくはまったく落ちそうにありません。なぜなら、南側の、北風が当たりにくい所にいるからです。
「もう一回や。」
 でも、何度やっても、ぼくだけ落ちません。
「何でや?」
 何度やっても、落ちません。
「悪いなあ。」
 そう言って、北風さんは帰っていきました。
 そして次の日も、また次の日も、北風さんは、ぼくを落とそうと、がんばりました。
「ハアハア、もう無理や。わての力じゃ、どうにもできへん。」
 北風さんは、あきらめてしまいました。
「少し、別の方法考えるさかい、ちょっと待ってや。」
 北風さんは、行ってしまいました。 「わあい。よく回る。」
「ほら、きれいなのができた。」
「みんないいなあ〜。楽しそうに遊んでいる。」
 コマになったり、首飾りになったりして、子どもたちと楽しそうに遊んでいるみんなの姿を、ぼくだけが上から見ているのは、とってもつらくて、さびしかったです。
 それから秋も深まり、だんだん寒くなり、子どもたちの来る回数は、どんどん減っていきましたが、相変わらずぼくはそのまま。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら