第40回(2009年)
JOMO童話賞
【一般の部 優秀賞】

中村さんの宿題作者:松本恵子

中村さんの宿題

 慣れてみると、ひとり暮らしは気楽だった。昨夜のようにちょっとぐらい晩酌のお酒を飲み過ぎても、朝寝坊してても、だれにも迷惑はかけないし、口うるさく言われることもない。ただ、最近ときどき今朝のように、何もかも面倒くさくなってしまう。うっかりすると、何日も人と話をせずに過ごしてしまったことに、ふと気づいたりする。
 布団の中でぐずぐずするのにも飽きて起きだし、残りご飯でお茶漬けをさらさらかきこむ。さて今日は何をしよう。ぼーっと食後のタバコを一服していたら、ピンポーンと玄関のチャイムが鳴った。こんな朝からだれだ? 最近は新聞の集金ぐらいしか来ないはずだが……。
 玄関の引き戸をからから開けると、なんと、小さい女の子が、右手にたんぽぽやなんかを握って立っていた。女の子は中村さんの顔を見ると、急にはにかんでもじもじした。後ろからついて来た若いおかあさんがあわてて、
「あら、もうしわけありません。奥さまはいらっしゃいますか?」
 と、無邪気にたずねてきた。中村さんは一瞬、うっと言葉に詰まった。
「家内は、そのう……、昨年の八月に亡くなりまして。」
「えっ。それは……まあ、失礼しました。」
 娘とたいして年が違わないそのおかあさんは、すごく驚いて、生前、奥さんと仲よくしてもらったと打ちあけた。
「この子が垣根越しにお庭の夏みかんを見上げてたら、分けてあげようとおっしゃって、いくつもいただきました。去年なんか幼稚園のお友だちも誘って、夏みかんを取りにおいでと誘っていただいて……。」
 若いおかあさんは、もう泣き笑いの表情だ。そういえば、今も庭の夏みかんは重たい果実を実らせている。奥さんの田舎の萩から持ってきた木だった。この実を楽しみにしてくれる人が、家族の他にもいたなんて知らなかった。中村さんは胸が熱くなった。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら