第42回(2011年)
JX童話賞
【小学生以下の部 優秀賞】

六年間、なかよくしようね作者:岩崎誠

六年間、なかよくしようね

 ふたりはたたかいつづけて、やっと学校についた。
 教室に入ったたかしくんは、ぼくをドーンとつくえの上にほうりなげて、
またおにごっこをしている。
 先生が来て、
「ランドセルをかたづけなさーい。」
 とおこって、やっとぼくをロッカーに入れてくれた。
 教室でみんなが勉強しているあいだが、ぼくたちランドセルの平和な時間。
お昼ねだってできる。
となりにいるこうたくんのランドセルとおしゃべりをした。
(今日は、ふたりとも大変だったね。大丈夫だった?)
(ぼくたち、六年間つかってもらえるかな。)
(もっと大切につかってくれる子のところに行きたいね。)
 ぼくたちは、おしゃべりをしているあいだに、
ウトウトとねむってしまった。 キーンコーン、カーンコーン。
(うわあー。下校のチャイムがなった。)
 また、ハラハラドキドキのはじまりだ。
 たかしくんが元気にぼくをとりにきた。帰るときも、もちろんこうたくんと一緒だ。
 雨がすっかりあがっていたので、ふたりはまた今日もまっすぐに帰らず、公園により道していくらしい。
(ちゃんとまっすぐ帰ってほしいなあ。)
(あっ。いたい。)
 ぼくたちを公園のぬれた砂場の上にほうりだして、ふたりともあそびだした。 (体が砂だらけで、ムズムズチクチクして気持ちわるい。)
(いつまであそんでいるんだろう。)
 まちくたびれて、またウトウトしているうちに、ふと気がついたら、ふたりの声がしなくなっていた。公園はしずかで、もうだれもいない。あたりはだんだん暗くなってきた。
(さむくなってきたね。ふたりともどこへ行ったのかなあ。)
 さむい中、ブルブルふるえていると、夕方犬のさんぽにやってきたおじさんが、ぼくたちを交番にとどけてくれた。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら