第42回(2011年)
JX童話賞
【一般の部 優秀賞】

貝の補聴器作者:斉藤隆

貝の補聴器

「どうせ自分は、昔から迷惑者だ。」
 と、也作じいさんも少しひねくれてしまいました。
 也作じいさんは、“お節介じいさん”で有名でした。雨が降りそうだからと、他所の洗濯物を勝手に取りこんだり、ひとり暮らしの老人を「あなたを好きな人がいるから。」と、寄り合いに誘ったり、何かと煙たがられていました。
 也作じいさんは、さびしさを紛らわせるために自宅のあった場所に行ってみました。そこにはもう家の形もありませんでした。也作じいさんは、何もかもがむなしく思えて、ぼうぜんと立ちつくしていました。
 そのとき、
「おじいさん。」
 と呼ぶ声が聞こえました。
「桜ばあさんか!?」
 也作じいさんが声のするほうを振りむくと、そこには桜ばあさんが立っていました。
「おまえ、無事だったのか! 良かった!」
「いじけたおじいさんを残しては、心配でどこにも行けませんよ。それよりおじいさん、これ落し物ですよ。」
 と言いながら、桜ばあさんは補聴器を差しだしました。也作じいさんがなくした補聴器です。これなら雑音も出ないので、みんなに迷惑をかけないで済みそうです。 「おじいさん。迷惑者だなんて独りでいじけていないで、みなさまのお役に立ってあげてね。」
「でも、わたしのすることは、どうしてもお節介になってしまうらしい……。」
「そんなことはありませんよ。洗濯物を取りこんだあとはちゃんと雨が降ったし、あなたが誘った老人は、いまやあんなに楽しそうじゃないですか。あなたには“人の心”が聞こえるのですよ。きっと、その補聴器のお陰ですね。」
 そう言うと、桜ばあさんは歩きだしました。
「一緒に帰らないのか?」
 と聞くと、桜ばあさんは、
「避難所が別なので、後片付けをしたら追いかけますよ。」
 と、戻って行きました。

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら