第49回(2018年)
JXTG童話賞
【一般の部 優秀賞】

ばあちゃんからのラブレター作者:齋藤まどか / 絵:つがねちかこ

夜、居間でテレビを見ていると、ばあちゃんがエプロンを外しながら近寄ってきた。
「けんちゃん、バレーボール勝った?」
「あ、まあ。」
「やっぱり! とんかつの威力だわ。とんかつにして大正解!」
   目尻に、細かな皺をいっぱい寄せて手をたたいている。なんて呑気なんだ。僕の苦労も知らないで。
「弁当、明日要らない。学校で注文する。」
   むかついておもわず言ってしまった。
   本心は違う。ばあちゃんの弁当は、文句なしに美味しい。定年まで食堂で調理の仕事をしていただけのことはある。要らないのは弁当じゃない。手紙だ。でもどういうわけか、それを言ってはいけない気がしていた。
「あっ、ごめんね。そ、そうだね。じゃあ、はい、これ。お弁当買うお金。」
   ばあちゃんが渡してくれた五百円玉は、薄っぺらく感じた。
   あくる日、学校でサンドイッチを注文した。パサパサして美味しくなかった。パサパサしていたのはパン生地だったのか、僕の心の中だったのか。
   ばあちゃんに、昼ごはんが美味しかったか聞かれたらなんて言おう。答えが出ないまま家に着くと、玄関に鍵がかかっていた。いつもばあちゃんがいるから、僕が鍵を開けることはないのに。植木鉢の下に隠してある鍵で家に入ると、暗くしんとしていた。電話機の留守電ボタンが赤く点滅している。押してみると、父さんだった。
「ばあさんが倒れて、東山病院に運ばれた。保険証を持ってきてほしい。ばあさんの朱塗りの引き出しの一番上の中にある。」
   心臓がドカドカと体の中で暴れ始めた。
   ばあちゃん、大丈夫か? どうしよう。
   細かく震える手で引き出しを開けた。
  これは? 見慣れた白い紙に書かれた文字。
『けんちゃん、今日のデザートは、いよかんです。英語のテスト、うまくいきますように。ほら、いいよかんがしてきたでしょ?』

  • 1
  • 2
  • 3

前のページ前のページ

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら