第51回(2020年)
ENEOS童話賞
【小学生以下の部 優秀賞】

お母さんはどっち作者:大澤縁 / 絵:すずきあさこ

その時だ。とつぜん空が暗くなり、どこからか

『ピコロロピコピコ』

というふしぎな音とともに、空からぎん色にかがやく円ばんが下りてきた。するとお母さんの服をきたふしぎな生き物が、台所から出てきて、その円ばんにすいこまれていった。

『バ・レ・チャ・ッ・ター』

ふしぎな生き物をのせた円ばんは、空高く上っていった……。

ホンモノのお母さんと私は、しばらく空を見上げていたけれど、やがて円ばんのすがたは見えなくなった。

私とお母さんはいつの間にか、しっかりと手をにぎり合っていた。私の手も、お母さんの手も、あせでびっしょりぬれていた。

「おやつにしましょうか。」

お母さんが言った。

「うん!私、お母さんの作ったプリンが食べたい。」

お母さんはにっこりわらってうなずくと、あの歌を歌いながら、台所に入って行った。

  • 1
  • 2
  • 3

前のページ前のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら