第51回(2020年)
ENEOS童話賞
【中学生の部 最優秀賞】

紫の紫陽花が咲く日には作者:小川桃葉 / 絵:橘春香

六月の雨は、まるで終わりがないかのように降り続いている。

私はふと、読んでいる本から顔を上げてみる。窓枠一杯に広がった「灰色の世界」の中に、ひときわ鮮やかな一輪の紫陽花が咲いているのを見つけた私は、あの出来事を思い出す。

その頃の私の毎日は灰色だった。名門校に通う兄に、人気子役の妹。おまけに両親は元スポーツ選手。あり得ないくらいカラフルな世界で生きているであろう家族の中になぜか一人紛れ込んでいる私には、一つの取り柄も無かった。

人付き合いが苦手で運動も勉強もあまりできない。平凡で、真っ平らで、まっ直ぐなのに先が見えない「灰色の世界」。その中で一人さまよっていたあの頃の私に起こったできごとは、いったい何だったのだろうか。

その頃、私の唯一の趣味は読書だった。本を読んでいる時は「灰色の世界」から抜け出して「本の世界」に入ることができるから。

家の近くに図書館があった。そこは古風でがらんとした雰囲気の洋館だ。私は、毎日のようにこの図書館に行って本を読んでいた。

  • 1
  • 2
  • 3

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら