第51回(2020年)
ENEOS童話賞
【中学生の部 優秀賞】

空を飛んだイワシ作者:堀内夕太朗 / 絵:いわたまさよし

そんな中、いつものように海で食事をしていると、亀じいさんがイワシに話しかけてきた。

「お前さん、空を飛べるからって、高く飛びすぎてはいけないよ。」

「え、なんでですか?」

だが亀じいさんは何も言わなかった。気にも止めずに食事をしていると、今度はトビウオと目があった。トビウオはイワシを見ると皮肉たっぷりに

「やあ、飛べないイワシ君、最近見ないからてっきり鳥に食べられたかと思ってたよ。あっ、そんなはずないか、空を飛べないから違うよな。あーはっはっはっ。」

いつもだったら無視していたかもしれない、だが今のイワシにはトビウオよりも飛べるヒレがある。イワシは自慢げに

「そう言っている君こそ、ぼくよりも高く飛ぶことができないくせに。」

と、言い返した。トビウオはムキになって、

「なんだよ。だったらどちらが高く速く飛べるか競争だ。」

海で競争が始まった。一匹のチンアナゴが言った。

「じゃあ、ぼくがいる場所からぼくの兄弟がいる場所まで、早く飛んだ方の勝ちだよ。よーいどん!」

チンアナゴたちが見守る中、トビウオは自慢の大きなヒレを目いっぱいに広げた。トビウオはイワシには絶対負けないと思っていた。

しかし、ありえないことにトビウオの前をイワシがヒレを一生懸命動かして自分より高く飛んでゴールを目指している。結果は一目瞭然だった。トビウオよりも高く飛んだイワシの圧勝だった。トビウオは負けた事実を認めたくなかったが、

「イワシ君、ぼくの負けだ。でも空も楽なところじゃないよ。高くは飛びすぎないようにね。」

と悔しそうに言った。

魚の中の空の王者トビウオに勝ったことでイワシは有頂天だったので、トビウオの言葉を鼻で笑った。

イワシは飛び続けた。今までだったらまず見ることができなかったはずの陸地を見ることができた。川の魚と長話をしたこともあった。

  • 1
  • 2
  • 3

前のページ前のページ

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら