第51回(2020年)
ENEOS童話賞
【中学生の部 優秀賞】

おかえり、エンマ様作者:畠山結有 / 絵:かとうくみこ

エンマ様は仕事にうんざりしていました。

毎日毎日、生前に悪いことをした人に、

「お前は針山に行け。」

「お前は血の池に行きなさい。」

などと言い、人を裁かなければならないからです。お金がなくて仕方なく物を盗んだ人にお仕置きをするのも胸が痛みます。それに、エンマ様はお母さんが子どもに

「嘘をつくとエンマ様に舌を抜かれるよ。」

と言い、子どもたちに恐れられることも辛く思っていました。そうやって極楽に行く人が増えれば良いのは分かっています。しかし地獄へ来る人は一向に減りません。エンマ様は自分のやり方が正しいのか分からなくなったのです。皆から好かれる仏様を羨ましく思い、自分も皆から慕われる仕事がしたいと思っていました。

そんなエンマ様には夢がありました。いつか風の噂で聞いた地上の美しい紅梅を見ることです。エンマ様は血の池地獄の残酷な赤色しか見たことがありません。ですから自然の優しい赤色をこの目で見たいと思っているのです。

  • 1
  • 2
  • 3

次のページ次のページ

過去の受賞作品のご紹介

今までの受賞作品をカテゴリ毎に分けて
ご紹介しております。

  • 楽しい&
    元気になる話

    楽しいお話、
    元気になれる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心が
    あたたまる話

    こころがほっこり
    あたたまるような
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 心にしみる話

    心にじんわりしみる
    ような、
    胸を打つ
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • ふしぎな話

    ちょっと不思議で
    ファンタジックな
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 動物が
    出てくる話

    いろいろな動物が
    登場するお話を
    まとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

  • 季節の話

    春夏秋冬、
    四季を感じる
    お話をまとめました。

    一覧はこちら一覧はこちら

童話の花束 PDF バックナンバーはこちら童話の花束 PDF バックナンバーはこちら