編集方針

このサイトは、ENEOSグループの「環境・社会・ガバナンス(ESG)」における課題、考え方、取り組み等を具体的にお伝えすることを重視して作成しました。
編集にあたっては、国際的なレポーティングガイドラインである「GRI(Global Reporting Initiative)スタンダード」、環境省「環境報告ガイドライン(2018年版)」のほか、主要なESG評価機関の評価項目を参照しています。加えて、当社が重要と判断したESG関連情報を毎年継続的に拡充しています。
中長期的な成長戦略(価値創造ストーリー)などの詳細をまとめた統合レポートを発行していますので、本サイトと併せて活用ください。

対象範囲

ENEOSホールディングス、ENEOS、JX石油開発、JX金属(以下、ENEOSホールディングスおよび主要な事業会社)のほか、子会社および関連会社を含めた計677社を対象としています。記載内容の報告対象が異なる事項については、報告対象範囲を明記しています。

報告対象期間

2020年度(2020年4月から2021年3月まで)を対象期間としています。
ただし、一部については2021年4月以降の情報も含んでいます。

報告・開示時期

2021年11月
(前回発行2020年11月、次回開示予定2022年11月)

参考にしたガイドライン

  • GRIサステナビリティ・レポーティング・スタンダード
    GRIスタンダード対照表
  • 環境省「環境報告ガイドライン(2018年版)」
  • 気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言

レポートの信頼性

本データブックサイト中、を付した2020年度の環境情報および社会情報は、記載内容の客観的な信頼性を確保するため、第三者機関による保証を受けています。

お問い合わせ先

〒100-8161 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
ENEOSホールディングス株式会社 インベスター・リレーションズ部

ウェブサイト(お問い合わせ)

https://www.hd.eneos.co.jp/contact/

情報開示メディアの体系