社会性

社会貢献

基本的な考え方

ENEOSグループは、操業地域での対話・連携・協働を図り、その地域社会との強固な信頼関係を構築することが、事業活動を継続し、持続的な発展を目指すうえでの重要なテーマと考えています。
このような考え方のもと、社会貢献に関する基本原則をグループ行動基準に定めるとともに、国内外の各事業拠点において、地元企業の活用や現地雇用等を含むさまざまな活動を行うことで、それぞれの地域経済・社会の発展に貢献できるよう努めています。

ENEOSグループ行動基準(抜粋)
  1. 13.市民社会の発展への貢献
    1. (1)私たちは、事業活動のあらゆる拠点において、環境、文化、慣習を尊重し、地域社会、自治体、市民団体等との対話・連携・協働を行います。
    2. (2)私たちは、社会貢献活動を通じて、市民社会の発展に貢献します。

体制

体制については、「ESG経営推進体制」をご参照ください。

社会貢献活動支出

2020年度に当社グループが国内外において社会貢献活動を実施するために支出した経費および寄付・提供した金銭・物品等の総額は約36億円でした。
今後もグループ一体となった活動やグループ各社独自の活動など、地域社会と積極的に対話を行い、必要とされる取り組みを進めていきます。

社会貢献活動費の推移

  • 実績値は、社会貢献活動関連の経費および寄付金の合計額です。

ベトナムでの取り組み

当社グループは、事業を展開しているベトナムにおいて、さまざまな社会貢献活動を通じて次世代育成・支援を継続して行っています。

学校等の建設支援

JX石油開発では、ベトナム各地で、学校建設への寄付や枯葉剤の影響で障がいのある若年層の方々の社会参加を図るための職業訓練施設への支援をするとともに、教材・備品の充実等の援助も行っています。

学校等の建設支援実績

2002年 ディエン・ビエン省ムンファン小学校
2005年 クアン・チー省職業訓練施設
2007年 ハナム省タン・チュエン中学校
2008年 ハ・ティン省ビンアン中学校
2009年 クアン・チー省チヨダイ小学校
2011年 ハ・ティン省職業訓練施設
2012年 ハイフォン市グエン・ビン・キエム高校
2013年 バリア・ブンタウ省グエン・チュン・ト小学校
2014年 クアン・チー省チヨダイ小学校(校舎増築)
2015年 タイ・グエン省スッタク幼稚園
2016年 バリア・ブンタウ省ホアマイ幼稚園
2017年 ダクノン省グエン・バ・ゴック小学校
2018年 クアン・チー省チヨ・チュン中学校

教育支援

JX石油開発は、2006年から、ベトナムの教育向上を目指す公益団体であるホーチミン教育振興協会を通じて、経済的に恵まれない学生に奨学金を授与する活動に取り組んでいます。2020年は40名に奨学金を授与しました。
また、ベトナム国営石油会社であるペトロベトナムが、2011年に石油産業を担う人材育成を目的とした石油の総合大学として開校した「ペトロベトナム大学」に対し、開校時に10万USドルを寄付しました。その後も運営資金や奨学金等の支援、インターン生の受け入れ、卒業論文作成指導等を継続して行っています。

奨学金授与式典
ペトロベトナム大学の卒業式および新学期開始式典

ENEOS×MOGU童話の花束コンテスト

童話コンテストの表彰式の様子

ENEOSのグループ会社のENEOS Vietnam Co., Ltd.(ENEV)は、2018年から日越国交樹立45周年記念イベントの1つとして始まった創作童話コンテスト「ENEOS×MOGU童話の花束コンテスト」に協賛しています。同コンテストは、ベトナム初の創作童話コンテストです。
2020年度は、小学生、中学生、一般の3部門に1,351作品の応募があり、最優秀作品には中学生の部の『星と太陽』(フン・ティ・フォン・アインさん 14歳)が選出されました。
入賞した全18作品をまとめた童話集「童話の花束」は、「ENEOS童話賞作品集・童話の花束(ベトナム語訳)」とともに販売され、その売上金を絵本の普及活動への資金として寄付しています。
ENEVは、日越両国で子どもたちの健やかな心がはぐくまれるよう、今後も絵本の普及活動を支援していきます。

マレーシアでの取り組み

JX石油開発は、オペレータとして事業を推進しているマレーシアにおいて、地域の文化・スポーツイベントへの支援のほか、さまざまな社会貢献活動を行ってきました。
2020年度は新型コロナウイルスの影響を受けましたが、地域社会に寄り添った社会貢献活動を行う方針に変わりはありません。

チリでの取り組み

JX金属は、カセロネス銅鉱山を運営するSCM Minera Lumina Copper Chileを通して、チリでさまざまな社会貢献活動を行っています。

新型コロナウイルス対策設備等を寄贈

アタカマ保健局へ寄贈された簡易検査キット

2020年4月に、現地のアタカマ保健局に対して新型コロナウイルスの簡易検査キット200個を、アタカマ
大学医学部に新型コロナウイルスPCR 検査のためのサンプル採取装置2台を寄贈しました。
また、8月には妊婦のケア向上を目的として、アタカマ保健局に超音波検査器や血流計、蘇生モニター等を寄贈しました。これらの寄贈に対し、アタカマ州知事 Patricio Urquieta 氏、アタカマ保健局長 Claudio Baeza 氏より感謝の意が寄せられました。

カセロネス近隣住民への職能訓練等の支援プログラム

職能訓練プログラムへの参加者

地域貢献活動の一環として、近隣の地域住民を対象とする職能訓練プログラムを行っています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止によりリモートでの開催となりましたが、訓練内容は食品加工、倉庫管理、Microsoft Officeのツール講習など多岐にわたり、約300名が参加しました。

日本での取り組み

「野球教室」「バスケットボールクリニック」の開催

当社グループは、「ENEOS野球部」や女子バスケットボール部「ENEOSサンフラワーズ」の現役選手等による、小中学生を対象とした野球教室・バスケットボールクリニックを全国各地で開催しています。
2020年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、インターネット環境を使用したオンラインでのバスケットボールクリニックを42回開催し、延べ424名が参加しました。

野球教室の様子(2019年度)
バスケットボールクリニック(オンラインコース)の様子(2020年度)

障がい者スポーツ支援

日本車いすバスケットボール連盟への協賛

ENEOSは、車いすバスケットボールの振興を目的に、2006年から日本車いすバスケットボール連盟へ協賛しています。
大会には、多くの従業員や家族が応援・観戦に訪れるほか、ボランティアとしても大会運営に協力しています。

日本デフバスケットボール協会への協賛

ENEOSは、デフバスケットボール(聴覚障がい者によるバスケットボール)の普及と発展を目的に、2019年から日本デフバスケットボール協会へ協賛しています。
大会の応援をはじめ、これからも活動を支援します。

日本身体障害者野球連盟への協賛

ENEOSは、障がい者野球の振興・発展を目的に、2007年から日本身体障害者野球連盟へ協賛しています。
大会では、従業員や家族が試合会場で選手たちに熱い声援を送り、盛り上げにも貢献しています。

「ENEOS童話賞」の開催

「第50回童話賞」表彰式の様子(2019年度)

ENEOSグループは、1970年から、一般の方々から「心のふれあい」をテーマとした創作童話を募集し、優秀作品を表彰する「ENEOS童話賞」を開催しています。
第51回となる2020年度は、14,068編の心あたたまる作品をご応募いただきました。

児童福祉施設等で暮らす子どもたちへの奨学支援

当社グループは、「ENEOS童話賞」の優秀作品を収録した童話集「童話の花束」のチャリティー販売を行い、その売上金を社会福祉法人全国社会福祉協議会が設立した「ENEOS奨学助成制度」へ寄付することを通じて、児童福祉施設等で暮らす子どもたちが大学や専門学校等に進学する際の入学支度金を支援しています。
2020年4月(2020年度入学)には764名の子どもたちが受給し、2003年度の制度創設以降の累計受給者数は7,246名です。

「ENEOS児童文化賞・音楽賞」の開催

「第55回児童文化賞・第50回音楽賞」表彰式(リモート開催)の様子

当社グループは、日本の児童文化・音楽文化の発展・向上に尽くしてこられ、将来大きな活躍が期待される方々をたたえ励ます「児童文化賞(創設:1966年)」「音楽賞(創設:1971年)」を毎年開催しています。

児童文化賞受賞者による公演

「劇団風の子」によるアウトリーチ公演の様子

ENEOSでは「ENEOS児童文化賞」の受賞者(第11回、1976年)である「劇団風の子」を招き、拠点のある地域の子どもたちに豊かな感性・発想力をはぐくむ機会を提供することを目的とし、アウトリーチ公演を開催しています。
2020年度は、新型コロナウイルスの影響により大阪のみでの開催となりましたが、約420名の子どもたちへ感動を届けました。

楽しく学べる、「ENEOSなつやすみ科学バスツアー」の開催

水島製油所におけるバスツアーの様子(2019年度)

ENEOSの各製油所では、小学生とその保護者を対象に「なつやすみ科学バスツアー」を各地の新聞社とタイアップして開催しています。
バスで製油所内を見学し、石油製品の製造工程やエネルギー資源の大切さについて楽しく学び、夏休みの自由研究等に役立てられる内容としています。
2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を中止しました。

「東京大学グローバルサイエンスキャンパス」へ協力

SQUARE LAB見学の様子

JX金属は、将来グローバルに活躍する科学技術人材を育成することを目的に東京大学が行っている高校生向けの教育プログラム「東京大学グローバルサイエンスキャンパス(UTokyoGSC)」の賛同企業として活動に協力しています。その一環として、同プログラムを受講する高校生を対象とした本社オフィス見学会を実施しました。
当日は、高校生が本社オフィスを訪れSQUARE LAB(ショールーム)の見学や、JX金属従業員を交えたディスカッションを通じて、金属素材がどのように社会の発展に役立っているかについて学ぶ機会を提供しました。ショールーム見学では、金属素材や技術を中心にJX金属の事業内容を紹介し、ディスカッションでは「6G通信技術によって実現したい世界」「金属素材を使ったその実現方法」をテーマに、参加した高校生とJX金属従業員とで活発な議論を行いました。

JX石油開発留学生奨学金

JX石油開発は、2015年度に、日本で学ぶ外国人留学生を対象として「JX石油開発留学生奨学金」制度を開設して以来、同社が原油や液化天然ガス(LNG)の生産事業等に参画しているパプアニューギニアやインドネシアからの留学生への支援を続けています。

ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会への支援

ENEOSは、工業の発展と産業技術の発展のため、ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学会を通じて、理工科課程の大学生・大学院生への奨学金の給付および若手研究者への研究助成金を支給しています。

東燃国際奨学財団への支援

ENEOSは、諸外国との友好と広く社会に貢献することを意図し、東燃国際奨学財団を通じて、日本の大学院に在学する外国人留学生へ奨学金を支給しています。

「ENEOSの森」等の森林保全活動の実施

「ENEOSの森」での保全活動

当社グループは、グループ各社においてさまざまな森林保全活動を展開しています。

ENEOSでは、地方自治体や公益社団法人国土緑化推進機構等と協働し、全国6カ所にあるENEOSの森(合計面積:24.88ha、東京ドーム約5.3個分)で間伐や下草刈り等の森林保全活動を展開しています。2020年度は新型コロナウイルスの影響により活動機会が大幅に減少しましたが、従業員やその家族、延べ63名が参加しました。
JX石油開発では、1998年から中条油業所(新潟県)構内および周辺の松林(海岸保安林)の保全に取り組んでいます。「JX中条の森」として10年目を迎えた2020年は、新型コロナウイルス感染防止のため規模を縮小し、例年の役員・従業員とその家族および近隣の方々の参加を見合わせ、所員のみ(28名参加)で安全に配慮しながら実施しました。
JX金属では、休廃止鉱山等の跡地を中心に、地元の森林組合などのご協力を得て、森林整備活動を進めています。

「ENEOSカード」による緑化推進

ENEOSカード

ENEOSでは、ENEOSカードの発行を開始した2001年10月から、ENEOSサービスステーションでのご利用金額の一部を公益社団法人国土緑化推進機構に寄付し、次世代の森づくりを担う人材育成事業、植林作業、熱帯林の再生および砂漠化防止等の同機構が実施するさまざまな環境活動の支援に役立てられています。
2020年度分として約3,700万円を寄付し、寄付金の累計は約6億円に達しました。

「小規模集落応援隊」ボランティア活動

神輿を担ぐ従業員(2019年度)

ENEOS大分製油所は、高齢化と過疎化による人手不足で、道路の草刈りやお祭りなど集落の共同作業が困難な小規模集落を支援する大分県「小規模集落応援隊」制度に2009年度から登録しています。
同活動の一環として、竹田市九重野地区にある緩木社の大祭に参加しています。同大祭は約千年前から伝わるもので、過疎と高齢化で神輿担ぎが危ぶまれていましたが、応援隊により伝統が継承されたと地域の方々から大変喜ばれています。
2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催が中止となりました。

自治体等との合同による防災訓練の実施

ENEOSの各製油所・油槽所等では、大規模災害の発生や製油所内の事故を想定した訓練を、自治体や所轄消防署等と合同で実施しています。
実践的な訓練を行うことで、災害時における協力体制を強化するとともに、地域の皆様が安心して生活できるように努めています。

地域社会との対話の実施

当社グループは、地域に密着した活動を継続していくため、定期的に地域の皆様(自治体、学校関係者、地域住民等)と製油所・工場見学会、対話集会、意見交換会(懇親会)等を開催し、交流の場を設けています。
地域対話では、当社グループの環境・安全に関する取り組みについて、地域の皆様に説明し、対話を進めることで、相互理解を深めていくように努めています。また、地域広報誌を発行するなど、必要な情報をタイムリーに発信し、地域の皆様からの一層の理解と信頼関係の構築に努めています。

大規模災害被災地への支援

当社グループは、大規模災害による被災地の支援を実施しています。

2020年度実績

5月 新型コロナウイルス対応に関する寄付 1.2億円
7月 令和2年7月豪雨被災者に対する義援金 500万円

ボランティア休暇制度の導入

ENEOSホールディングスおよびENEOSでは、会社の認めるボランティア活動に従業員が参加する際、年間通算3日を上限に特別休暇を認めることとしています(2019年4月制度導入)。
ボランティア休暇制度を導入することにより、従業員のボランティア活動を支援しています。